映画鑑賞

「恋する惑星」

「恋する惑星」ハナヨウヒン
映画.comより

恋する惑星(1994)監督ウォン・カーウァイ

この映画を初めて観たのは、確か二十歳の時。

今から何と26年も前になる。

名古屋駅に近い、小さな映画館に連れて行ってもらったのだが、その時は内容をはっきり覚えていなかった。

映像に映った金城武がイケメンということ、日本語を話すということはよく解った。

そこからしばらくして、何かの拍子に再び観た。

そしたら、まるで初めて観たような衝撃。

世界観、音楽、人物全てが私の感性に響いた。

金城武をイケメンだと思って見ていたはずだったが、トニーレオンのセクシーさに気付いた。

トニーレオンはおそらく一生トップ3だ。

クラークゲーブルと時代を超えていい争いをしている。←

「恋する惑星」ハナヨウヒン
ブリジットリンと金城武

私は洋服のエッセンスを大方映画から得ている。

これまで観た映画で、好きなものは似た傾向があり、私の中で世界観が共通する。

岩井俊二とウッディアレン、ウォンカーウァイはいくつかの作品に同じ空気を感じるが、それは色彩だったり音楽だったり、言葉にしようのない映像美というか。

ファッションに関心の高い人は、一度は観たことがあるかもしれないこの作品。

ルーティンから解放されたい時。自分らしさを取り戻したい時。

あなたが観たくなる映画はどんな作品ですか?