ボールのような言葉 糸井重里

この本はわたしの常備薬でもある。

「最近頑張りすぎてないか?」

自分の苦手で弱いと思っている部分を埋めるように、ある期間、学びに時間を費やした。

自分の弱いと感じる部分を、誰より自分自身がが認められなかったように思う。

完成のないピースを埋めるように、仕事が出来るよう、スキルを身につけよう、と頑張ってきた。

46年生きてきて解ったことがある。

それは、『人生は完成しない』ということだ。

長い道のりの中、何かを目指すのは素敵なことだ。

そしてそのまっただ中にある状態こそが人生なのだ。

結果が全てのビジネスとは違う。

辿ってきた道のりの全てが尊い。

上に下に横に斜めにも動いて、今後も色とりどりな道を歩きたい。